~コスモス~ アイカツ!の描くSHINING LINE


フォトカツ!終了の前に思い出を残そうと、スクショ活動続けています。
そしてシナリオは特に念入りに復習しています。

これはアニメ本編で語られなかった最終回後
あかりといちごがコスモスというユニットを組む話。
(最終回で最後に少しだけ出た
あかりが口紅を塗り「いちご!」と呼んでいたシーンは
この話よりもさらに後、コスモスの結成後
活動を続けていったその先の話。
あかりも確かその頃には20才前後だったと思う。)

アイカツ!という物語は、いちごが美月に憧れる所から始まり
いちごが様々な仲間達と出会い、成長しトップアイドルに輝いた後、さらに
そのいちごに憧れたあかりがアイドルとして成長し
いちごに追いつき夢を叶えるまでの壮大なストーリー

201805180412229e0.png
この壮大なストーリーや世界観は、いちご単独では成立する事はなく
いちごとあかりを主軸として憧れのラインを描くことで初めて完成する。

よく「いちご世代だけでいい」「1期こそ至高」と言う人が居るが
このあかりといちごの姿
このいちごがあかりに送る言葉を前にしては
やはり野暮な意見と言わざるをえない。
アイカツ!とは178話と映画3本を含め
その全てで「アイカツ!」と言う。

マスカレードから神崎美月へ
神崎美月から星宮いちごへ
星宮いちごから大空あかりへ
大空あかりから大地ののと白樺リサへ(ここでマスカレードとループする)
特定の主人公は存在しないそんな憧れの連鎖を
様々なキャラを媒介し表現された物語の全体を指して
「アイカツ!」と言う。

この憧れのラインは大地ののと白樺リサの後にも連綿と続いていく。
まさにコスモスの如く無限。
20180503095539501.png
いちごとあかりのユニット「コスモス」が
そんな永遠に続くアイカツ!の物語を暗喩してるのかは解らないが
やはり想像も無限に膨らんでいく。これもまた永遠と続く宇宙の如く。
「コスモス」とは本当に言い得て妙な言葉です。
スポンサーサイト

大川隆法著:凡事徹底と成功への道 感想

今度から幸福の科学の本はこのカテゴリーで感想を書くことにした

大川隆法著:「凡事徹底と成功への道」

三島由紀夫や夏目漱石と云えども作家として食っていくのはカツカツで
作品の製作に悪戦苦闘していた。
やはりプロとなると、1発や2発ヒットしてもそれで終わりではなく
3発4発5発と当てて継続していかなくてはならない。
その「継続性」があって初めて「プロ」と言える。

士業でもそう。
「最近では弁護士でも食っていけない」なんて言われ
廃業に追い込まれる事務所が後を絶たないが
結局はこの継続性を持てなかった故の廃業。
継続していれば事業は続き当然潰れる訳がない。

ではこの「継続性」とは何なのか
それは成功失敗問わずそこから何かを謙虚に学び続ける事。
その謙虚さあってこそ事業は未来に向かい成長し続いていく。
これが全であるにも関わらず、人はついついそれを忘れてしまう。

難しい試験に合格した時(=今の私)
部下を持ち偉い役職についた時
初心を忘れてしまった時

破滅の足音はすぐ背後に迫っている。

「凡事徹底」とは謙虚さという基本中の基本
しかし基本であるが故、自分が偉くなった時など
ついつい見落としてしまう事。

そしてこの著書はもう一度そこにたち戻る事を教えてくれる。

危なかった。
私もどうしても謙虚さを忘れてしまう。
この本を見なければどうなっていたことか。

私はコミュ力も欠けているのだが
その下地には謙虚さは絶対に必要。そうではないだろうか?

星空のフロア フォトカツ!アイカツ6年の思い出

201805102352522b2.png
7月11日フォトカツ!サービス終了の報告を受け
涙のスクショ思い出回収作業続けております。

中でも星空のフロアは、アニメ最終回後
あかりといちごが結成したユニット「コスモス」の歌。
アニメでは具体的には描かれなかったあかりの夢
サービス終了までには是非とも記憶に刻んでおかなくてなりません。

他には
20180510235252473.png
本編トライスター編で話に上がった
「美月にユニットとして誰もついて来られなかった」
エピソードに、フォトカツから新しい解釈が
付け加えられてたり、
こういう所も回収する上で見逃せません。


アイカツ!は3年半続き、2016年3月にフィナーレを迎えましたが
それからもフォトカツ!で2年を超えて継続しました。

フォトカツ!で展開されたエピソードは紙芝居ながらも
演出がアニメに近く、リズムゲームの内容に至っては
DCDアイカツ!とアニメを合わせた様な出来になっています。
これはほとんどアニメに近く、アイカツ!は放送終了後も
フォトカツ!の中で続いていたと言っても過言ではありません。

それが終るという事は、私にとって(否、殆どのアイカツファンにとって)
アイカツ!の二度目の最終回を意味します。

押し寄せる虚無感と
アイカツ!に対する感謝

いろんな想いがあると思う。
しかし私はこれまで自分の真の人生と一緒に駆け抜けてくれたアイカツ!を
生涯忘れることはなく未来にその想いと共に生きていく
そう誓うのみです。

「ありがとうアイカツ!私の心の青春!
よく6年も続いてくれた!
これからはそのバトンをアイカツフレンズ!に渡し
ゆっくりとお休みなさい。」

高が女児向け作品に、私は心からそう感謝を述べずには
いられなかった。

7/11フォトカツ終了を受け、今私がすべきこと。

201805082024222b1.png
ついに来てしまった。フォトカツ!サービス終了。
STAR☆ANISとAikatsu☆STARSの解散。
そして交換所の交換期限が6月8日より先はなかったこと。
そんな気はフォトカツ!やっていた人なら皆が持っていたと思う。
STAR☆ANISらが解散しても歌が発表されていたので淡い期待はあったのですが。

そうと分かれば
20180508202422a5e.png

20180508202422623.png

サービス終了までに
ただただストーリーを頭に焼き付けるだけです。

20180508202422d30.png

フォトカツ!のストーリーは紙芝居形式で進むけど
演出やBGMがアニメに従順で
そこではアイドル達だけでなくトップデザイナー達の出演も加え
アニメアイカツ!の肝ともいえる
優しさで紡がれた癒しのストーリーが展開される。
故にファンが見れば「アニメを見ている感覚」で
ストーリーを楽しむことが出来る。

どれも珠玉のストーリーで原作ファンなら
「是非映像化して欲しい」と唸るようなものばかり。

中には本編の補完的役割を果たしているのもあり
これがサービス終了と同時に見られなくなれば
DVDやBDで見られる本編と同等の物を失うに匹敵する
といっても過言ではない。
なんとしても脳内に焼き付けるか
スクショして重要な所は保存していきたい所。

そんなスクショを見ながら逆に本編にたち戻るのも
乙なものです。

7/11フォトカツ!終了。
それまで悔いを残さない様に、私の場合
必死でシナリオストーリーを回収していこうと思います。

アイカツ!×幸福の科学はアリ! 友希あいねならそう言う筈。

私が以前
「アイドルは古来、巫女的な役割を担っていて宗教的役割もあった。
これはアイカツ!の本編でも語られている。
つまりアイカツ!(アイドル)と幸福の科学(宗教)は全くの無関係じゃない」

とツイートしたことに対する反応だと思うけど

20180506011325d9b.png
20180506011325bdb.png

とても頭が固いのか
当然、アイカツ!の製作者が幸福の科学の会員とか
アイカツ!の原作者は大川隆法総裁先生とか
言ったわけでもないのにコレ。

20180506011325f3b.png

私としては幸福の科学アイカツ!も同じくらい好きなので
他の幸福の科学会員さんにアイカツ!を知ってもらったり
他のアイカツ!ファンに幸福の科学を知ってもらいたい
ただそれだけな訳で
捏造する気もなければ、双方を陥れる気もない。
なにせアイカツ!も幸福の科学も好きなので。
(ちなみにフォロワーの幸福の科学会員さんには結構ウケが良い)

そして幸福の科学は立宗30周年を向かえ、組織はシニア化した。
そこにアイカツ!です!
古参の幸福の科学の会員さんには予想も出来ない事で
絶対に新しい風が吹きます。
またアイカツプレイヤーサイドも
幸福の科学に対する偏見を拭い去ることが出来き
双方を隔てていた壁は取り除かれる。
これは優しい世界を描いたアイカツ!の本望だし
友希あいねの掲げる
友達100万人論のそのものではないか。

幸福の科学信者だって友達だ。
20180506022342aa7.png
と、そんな訳で
これからも幸福の科学×アイカツ!
捏造にならないレベルで
双方の活発な交流を願い続けさせてもらいます!