スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大空あかり - みんなのSTART DASH SENSATION -

アイカツ!177話 未来向きの今 感想

無音 

拍手の音のみが響く中、氷上スミレがステージから降りる
(実は失敗のリスクのあるフィーバーアピールSAでなくても
神崎美月によればトップ確定だったそう)

そして次にステージに立つあかりと廊下ですれ違う。

160324Aikatsu002.jpg

160324Aikatsu001.jpg

自分の限界を超えフィーバーアピールSAを決めようと挑戦したスミレの手を握り
「やりきってくる」と誓うあかり


いちご、あおい、蘭に比べて「友情で繋がっている」という描写が薄く
本当に友情で繋がっているのか?と思っていた、あかり、スミレ、ひなきだけど
この瞬間それを感じたし、こういう形であかりがスターライトクイーンに輝くってのが
とてもアイカツ!らしいと思いました。

最終決戦はあかりvsスミレではなく、スミレとあかり双方の力で
フィーバーアピールSAという限界を突破するという形が
まさにアイカツ!最終回(実際は後1回あるけど)として相応しいと思いました。

ツイングスvsWMでも、互いに誰かに勝つとかではなく
「すべてを出し切る」ってことを言ったように、順位とか勝敗とかあっても
それを超えたもっと大切なもの
その先にある達成感やといったものをアイカツ!は勝負を通して
語っていると思っています。

(と、私は今回のあかりのステージは、スミレの力を経て花開いたと解釈しましたが
実際この後そういった描写は無く、ひたすらあかりの過去って感じだけどw)


160324Aikatsu003.jpg
最後のステージに臨む前にかつての自分を見るあかり
・・・
万感の想いを抱き、今あかりがステージに立つ
160324Aikatsu004.jpg


160324Aikatsu006.jpg
落ちこぼれアイドル、大空あかり
160324Aikatsu007.jpg
やっとの思いでスターライト学園に入学し
160324Aikatsu008.jpg
挫けそうになりながらも
160324Aikatsu009.jpg
ひたすら懸命に努力してきた
160324Aikatsu010.jpg
途中からあまり努力の描写がなくなり、主人公補正で勝つようになっても
160324Aikatsu011.jpg
このような努力の描写を引っ張り出してきて今に繋げることで感動を呼ばない訳がありません。

・・・だから、今こそ・・・!
これまでのすべてを抱き今こそ大空に羽ばたけ!

160324Aikatsu005.jpg
プレミアム・ドリーミングハート
フィーバーアピール
スペシャル・エー!!!!!!!!!



160324Aikatsu013.jpg
順位なんて関係ない・・だから結果は敢えて言わない。

ここまで来たあかりを
160324Aikatsu015.jpg

160324Aikatsu016.jpg
力いっぱい抱きしめてあげるいちご
この役目は星宮いちご以外にありえないし、この抱きしめるって絵だけで
これまで見続けて人には言葉なんていらない。


160324Aikatsu017.jpg
ののリサまどか珠璃スミレひなき
彼女達のアイカツ!はこれからも続いていく。それを強く思わせるような
スターライトクイーン杯後の彼女達の言葉。

アイカツ!の放送が終わるからこそ
彼女達の言葉を我々は胸に刻まなくてはならない。
私にはありありと見える。例え放送が終わって彼女達がこれからも
さらなる高みへと駆けあがり活躍していく姿が。

続きを読む »

スポンサーサイト

氷上スミレ ~3年半アイカツ!が伝えたかった事とは~

アイカツ!第176話 「いばらの女王」感想

前回の記事で
「最終回を目前に、これまでのキャラの最後の晴れ舞台を華やかに描いて終わり」
ってな感じで話が進んでいると私が解説したいたのですが

そんな私の考えを嘲笑うかのように

いや視聴者の誰がこれを予想してただろうか。

160317Aikatsu001.jpg

160317Aikatsu002.jpg
氷上スミレ。最後のステージでまさかの失敗・・・。
(失敗後も動じず最後までステージをやり終える所はまさにプロと言うべきか・・。)

最後・・まさに最後・・・すべてのキャラが、これまでのアイカツ!を締めくくるべく
最高のステージで終わることを約束されているものだと思った。
だってもう無いんだよ。最終回後はスミレやひなきや珠璃のステージは永遠に・・。
タルトタタン、エメラルドの魔法、いばらの女王
1年半続けて描かれたスミレの物語の結末がBADEND・・・。
こんなことがあっていいのか。


しかし裏を返せば、スミレのこれまで積み上げてきた最後の晴れ舞台を犠牲にしてまでも
スタッフが最後の最後に伝えたいことがあった。

と受け取る事も出来る。

ステージは必ず成功する。試合結果は予定調和に落ち着く。優しい世界。
それがアイカツ!の暗黙のルールになっていた。

しかし、最初の方ではいちごもステージで転倒していた。
これがアイカツ!の始まりだった。原点回帰。
ステージでスペシャルアピールを決めようが
転倒し無様なアイカツ!になろうが
どちらもアイカツ!であることに変わりはない。

スミレは1年半詰み重ねた最後のステージで失敗してしまった
ならばこれはアイカツ!ではないのか?否
これは暫定1位のひなきや珠璃と同じくらい立派なアイカツ!
順位とか成功とか失敗とかそういうものを超えた
3年半続いたアイカツ!というものの本質を
スタッフは見て欲しかった。
それを敢えてスミレを通して最終回前の今こそ伝えたかった

だとすれば、やはり今回のスミレの舞台はスミレの最後のステージとしても
後世に語り継がれるべき立派な物。


賛否両論あるけど、私は今回はスタッフに拍手を送りたいと思った派。

注目すべきは成功とか失敗とか順位ではなく
もっと大きな視点を持ち、果たして今回のスミレのステージが恥ずべきものか?
ということをアイカツ!全体を通して考えて欲しいということ。

グラシアス!ありがとう紅林珠璃!!

アイカツ!174話 私のmove on now感想。
1話に出たアイカツ!「最初のキャラ」神崎美月のmove on nowを通して
アイカツ!「最後のキャラ」白樺リサに受け継がれループするってのは粋な演出。

スタッフの遊び心が伺える。
move on now は私の人生を変えた歌だし、今日はコレについて語ろうと思ってましたが
やはりそれより感動したのは。

紅林珠璃

私がアイカツ!を見始めたのはドリアカ編2期の途中から。
丸丸リアルタイムで見たのは意外にもあかり編だけ。
そして紅林珠璃は登場から今までリアルタイムで見守ってきた。

160303Kurebayashi004.jpg
カッコよく登場した珠璃は、

160303Kurebayashi003.jpg
とても熱く、

160303Kurebayashi006.jpg
ネタキャラとか言われても、結局見ているだけで面白く、

160303Kurebayashi005.jpg
最高にアイカツ!を支え彩ってくれた。

そして今

紅林珠璃最後のステージ
160303Kurebayashi001.jpg
セニョリータシェヘラコーデを纏った珠璃が独り舞う・・。
いつも多人数の引き立て役的な役割が多かった珠璃がステージに舞う。
最初に踊ったpassion flowerと重ね合わせるように・・。

160303Kurebayashi002.jpg

・・・今、珠璃のステージが全て終わった。

もうテレビで珠璃のステージを見ることは無い。
今日が1年半続いた紅林珠璃の最終回なのだ。
(前回がドリアカの最終回)
次々と今までのアイカツ!キャラの物語の結末が語られている。
もう会うことはないであろうみんなの最後の物語が終わっていく。
残すところ後は、あかり、スミレ、ひなき、凛、まどか、のの、ここね、みやび、ニーナ。
一足先に今日紅林珠璃と白樺リサの物語が終わりを迎えた。

お疲れ様。そしてグラシアス。
1年半私のアイカツ!人生で中心を成していた珠璃に対して
もう見ることはない、羽ばたいていく珠璃に対して送る言葉はこれしか思い浮かばない。

グラシアス!アイカツ!
そしてグラシアスつまりありがとう紅林珠璃!!

アニメ アイカツスターズ 続報

160227Aikatsu001.jpg
今日発表があった主な登場人物

160227Aikatsu004.jpg
虹野ゆめ
主人公。おそらくキュートタイプ。

160227Aikatsu005.jpg
桜庭ローラ
主人公の友達でありライバル(ここがアイカツらしい)。
音楽一家に育ち歌が得意。

160227Aikatsu002.jpg
七倉こはる
主人公のルームメイト。3期の氷上スミレがスターズではローラとこはるに分かれた感じ。


【アイカツスターズでは、学園は大きく4組に分けられている(宝塚っぽい)】
160227Aikatsu006.jpg
天使の歌声 花の歌組トップアイドル
白鳥ひめ

愛用ブランド:my little heart
やはり主人公は彼女を目指すよう。

160227Aikatsu007.jpg
頼れる生徒会長 鳥の劇組トップアイドル
如月ツバサ

愛用ブランド:SPICE CHORD

160227Aikatsu008.jpg
ダンスの天才 風の舞組トップアイドル
二階堂ゆず

愛用ブランド:shing smile

160227Aikatsu009.jpg
カリスマモデル 月の美組トップアイドル
香澄夜空

愛用ブランド:Romancekiss

神崎美月が4人同時に存在するかのような設定で、ワクワク感ハンパありません。
NARUTO-ナルト-における暁の登場シーン。
大蛇丸やイタチみたいなのがまだこんなに居るのかよ!」という絶望感に似たものを感じる。
良い意味で。


他に男性アイドルユニットM4(アイカツ!に男性アイドルユニット!?)の
160227Aikatsu003.jpg
結城すばる

160227Aikatsu010.jpg
他先生達もサイコー

今日はいろんなキャラがお披露目されたので、勝手にまとめました。
こういった情報を知って感じたことは、ライバルとか目指すべきトップアイドルとかが
明白であることから、アイカツ3期の失敗である「慣れ合い主義」から
1期2期のスポコン実力主義への回帰が伺える。
友情を描いた作品がアイカツ!であるのだけれど、3期あかり編ではそれが
行きすぎた感じ。慣れ合いが加速し過ぎたらもはや友情でもなんでもないのです。
そこをしっかり改善してくれそうなので
アイカススターズ。けっこう期待しています。
トップアイドルが4人も居るって時点でもはや既に燃えるじゃないですか。

アニメ アイカツスターズ 放送決定!

160222AikatsuStars001.jpg
アイカツスターズ

2016年4月7日スタート

トップアイドルを目指しアイドル活動(アイカツ!)に励む少女達のサクセスストーリー
「アイカツスターズ!」
きらめく「アイカツ!カード」に「グリッター」!
自分らしく輝くためにセルフプロデュースしていきます。
強く明るくまっすぐに!歌やダンスにファッションも!
女の子憧れを全部つめこんで、新しいアイカツが始まります。
アイドルの一番星に向かって、夢へのスタート!!
(公式より抜粋)

主人公の「虹野ゆめ」が
「四つ星学園」で「S4」と呼ばれる学園トップスターを目指してアイカツ!するらしい
初代は学園トップは神崎美月でしたが、今度は美月みたいなのが4人もいるのか。
(多分主人公の上にいる4人)まさに奇跡の世代。

賛否両論いろいろありますが
とりあえず、アイカツ!自体が完全終了しなくてよかった。
というのが私個人の感想。

アイカツ!は人気が低迷しているとは言え、その単語自体が一時社会現象を起こしたブランド。
バンダイナムコゲームスが放棄する訳は・・しかし万が一って事態を考えたけど
とりあえず続きます。アイカツ!は。

まだ内容を見て無いので、何とも言えませんが期待します。
ここでプリパラに追い抜かないと、結局プリパラもライバルを失い業界が衰退する。
ここで更にアイカツ!が失速すれば、コンテンツ完全消滅の危機もちらついてきます。
だから宗教を崇拝する如く期待するしかないのです。
いちご・あかり編が消滅して不満な気持ちは分かるけど、「アイカツ!」を信じるのです。
いつも私が言っているじゃないですか
「アイカツ!に対する忠誠心を高めろ!」
どうか面白い作品であってくれ・・願うことはそれだけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。