魔法少女まどか☆マギカ 少しでも園児に見せたい。

みかきもりさん曰く、まどかマギカの魅力は
ストーリー全体やテーマ性といったものより、その話ごとのドンデン返しだそうだけど
(私は後に一気に全話見たので、1週間ごとに1話つづ見ていくリアルタイム
故に味わうことが出来るこの魅力については気付かなかったけど
言われてみると「なるほど」である。)

私にとってまどかマギカの魅力はやはり華やかさマミさんのテーマ・・
といったもの。最初はテーマ性を求めていたけど「叛逆の物語」で
それは完全否定された。しかしその叛逆の物語を見ている時でも
一番印象に残った所は映画開始冒頭、5人が華やかに変身して戦っている所。
映画館から帰る時、悪魔ほむらよりもそれだけに心が熱かった。



このシーン

まどかマギカをちびっ子に全編見せるとトラウマものだが
こういうシーンは是非とも見せてみたい。
前のブログから語っているんだけど、子どもだからと言ってなんでもかんでも
フィルターかけちゃダメだと思います。

「子どもは知らなくていい」なんて大人の恣意的な善意です。

アンパンマンだけじゃ寂し過ぎるもんな・・・!
今せっかくこんな素晴らしいモノが溢れているのに
ちびっ子に触れさせないのはもったいない!
親の了解の下、積極的に紹介していこうと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する