FC2ブログ

遊ぶ力は生きる力 感想

151229Asobuchikara001.jpg
「保育は遊びを通して行われる」と保育所保育指針にあるので読んでおいて損は無い。
程度の感覚で買ったけど、実際は「遊び」が幼児に与える効果が詳しく解説されており
(むしろ幼児に限定さている気がして、保育士や幼稚園教諭の為に書かれた本?)
幼児に遊びを教える保育士にとっては予想以上にバイブルになる。

遊びとは勉強以上に重要になっている。
むしろ遊びを土台に勉強をはじめ生きていく力の基礎が培われる。
積木という固形物を組み合わせることにより形あるものを作ったり
河原の石をも、水を切って遊んだり落書きしたりに使ったり
そういった創造性を培ったり
それを思いつくまでの忍耐性を培ったりするのが「遊び」の特徴。
そして遊びを通して友達と交流することでコミュニケーション能力が培われる。
一言で言えば「遊び」は人間が生きていく上で様々なことを幼児に教えてくれる。
むしろ社会に入ってからも仕事をやっていく上で想像し創造していく上で
このような能力がキメ手となる。
そういった内容。
(後半は書くことが無くなったのか、ひたすらオモチャを自分の見解で紹介しまくって終わってるw)

私は何度か語っているが、保育士として「アイカツ!」や「NARUTO」を園児に紹介しようとしている。
受動的な映像はけっこうマイナス口調で書かれているし
ソレばかりを押しつけることは良くないことだが
「三角コミュニケーション」と言われ、アニメ等を媒介して
幼児と話題を共有する
ことはコミュニケーション能力を上げ
物語の展開を予想し、大人の方からも「質問」していくことで想像力も培われる。

-こう書くと「遊びには意味」があり大人側が
「この遊びにはこういう効果があるから子どもにさせよう」とすることが是とすると
思われがちかもしれないが、遊びだから「させて」はダメ。
飽く迄遊びに意味を見出すのは子ども自身。
注意すべき点は偏らないこと。
やや否定的に書かれていた気がする映像もコミュニケーションや想像性を培う一方
やはり受動的にならざるをえない。
それを考慮するとバランス良く他の遊びも紹介していくことは
「させよう」という遊びとしては好ましくない姿勢とは別に必要なことだと思う。


まぁ・・・だから私もアイカツ!ばかり園児に紹介することは出来ないかな(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する