FC2ブログ

瀬名翼と大空あかり -夢のスケッチブック-(アイカツ 第167話 感想)

木村隆一監督はこう言った
「恋愛は、子どもには気恥ずかしさがあり成熟した所で話が終わってしまうから
アイカツ!では恋愛をあまり前に出さない。」

「ライバル関係であってもお互いのキャラクターがリスペクト仕合うような関係を描く」
そして今まで、いちごあおい蘭・美月みくる・ユリカかえで・・・といった友情関係を中心に
例えWMとの決戦でも互いに激しいライバル心をむき出しにせずに
これから対戦する4人で円陣を組んだりする所(世界観)に、
私は強く惹かれてファンになった訳だが

ここに来てあから様にもう隠すこともなく
瀬名翼と大空あかりの恋人関係が直接名言させずに成立した。
160114SenaAka001.jpg

私は当然反対した。
私はアイカツ!の恋愛に触れない友情面をプッシュする所に惹かれて
アイカツ!のファンになったのに、突然恋愛路線なんて(個人的に)許せる訳が無い。
http://ichigoyogurt49.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
そして友情と恋愛は矛盾するのではないか。

しかし今回の話で解釈は変わった。
今回の話は瀬名翼と大空あかり中心であったけど、天羽まどかも頻繁に出てきた。
語られたように「アイドルとデザイナーがチーム関係」で
瀬名翼と大空あかりが恋人関係だったとしても
天羽まどかと天羽あすかはそれ以上の血縁関係者(祖母と孫)

祖母が孫の為にチームとしてドレスを作っているのに
彼氏が彼女の為にチームとしてドレスを作ったら悪い・・という意見は理論上矛盾する。

そしてこの考えからすれば、アイカツ!が友情をテーマとしたアニメでも
その上に天羽あすかと天羽まどかのような「家族愛」があって
瀬名翼と大空あかりのような「恋愛」が存在すると解釈出来る。
これもいくら友情がテーマだからと言って家族愛を描いたらダメという話にはならないし
ならば恋愛を描いたらダメという話にもならない。
飽く迄主流が友情である限り、時々一人のキャラの恋愛を描いた所で矛盾にはならない。
いくら友情がテーマだからって100数話もあるのにそれしか描かないのはおかしい
その途中に家族愛恋愛があってもいい。


頭の固い私は、今日天羽まどかと対比することでやっとこの考えを導き出せた。
今日瀬名翼と大空あかりしか出ていなければ
ファンに大プッシュされている「瀬名あか」を未だ腑に落ちずに完全に受け入れることは
出来なかった。


アイカツ!は瀬名翼と大空あかりだけの話ではない。
これからこの2人は関係を深めていきスターライトクイーンカップに挑む一方
スミレは自らの風を見い出し、ひなきはみくると会う。珠璃は、凛は、ののやリサは・・。
アイカツ!はそんなみんなの話をひっくるめて
アイカツ!」と言う。

それを知っていれば、あかりと瀬名だけを見てテーマ性を失うことは最初から無かった。
最初からこの2人を受け入れることが出来た。

応援しましょうこの2人を。手放しで。
これが列記とした一人のアイドル大空あかりの
スターライトクイーンへの物語なのですから。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する