FC2ブログ

いばらの女王氷上スミレ(と「面白いじゃないbot」の違い)


アイカツ!176話いばらの女王、氷上スミレが敢えて危険を犯し
フィーバーアピールSAに挑んだ。
挑戦しなくても暫定1位は確定だったのに。

例えそれが失敗に終わろうとも、実を結ばなくとも
失敗を恐れず高みを目指して挑戦しようとする意志勇気
その心自体に目には見えない最高の価値があるということ。

それを最後に氷上スミレを通して製作者は視聴者の女児に伝えたかった。
氷上スミレは決して敗者などではない。
失敗してなお最後まで歌い続け
泣きたい気持ちを抑えファンや仲間に手を振った。
これが彼女の1年半の成長であり、
彼女こそ大空あかり以上の勝者なのだ。
まさにアイカツ!というものがどういうものなのか。
その本質を最後の最後に体現した存在なのだと思う。



(以下はアイカツスターズ!に対する批判ですので
気分を害しない人だけ見てください)
あかジェネアンチ兼アイカツスターズ信者が
大空あかりを持ち上げる(所謂さすあか)為に
スミレはアピールに失敗してそのまま終わった

意見を述べてるのを見たことあるけど
それは一見スミレを擁護している様に見えて
上で述べたスミレの意志や勇気をも蔑ろにしスミレを貶めている
的外れの意見
と言えなくはないだろか?
もしくは何が何でもアイカツ!を叩く為、無理な叩き方を承知で叩いているか。

一方
虹野ゆめを持ち上げる為に桜庭ローラがどれだけ犠牲になったか。
結局洗脳されたまま勝負に負け続け美味しい所を全部ゆめに持っていかれ
「面白いじゃない」「面白いじゃない」と言い続けて終わったライバル設定キャラ
(そしてスターズ!では勝負の勝ち負けが全てなので、それ以上の価値は残らない。)

を棚に上げてあかりジェネレーションや
大空あかりを批判することなんて出来ない。
明らかに、さすゆめ>>>>さすあかだから。

前段で述べた氷上スミレ
虹野ゆめを持ち上げる為に洗脳したまま敗北させ続け
何も残らなかった桜庭ローラ
を一緒にしてはいけない。
それはあまりにも読解力が足りてないと言う他ない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する