アイカツ!121話 ~アイカツとはQMAであり私の人生だという理由~

今週はまさに神回確定とも言うべき
藤原みやびvs北大路さくら
わたしはよくQMAアイカツ!に例えて語るけど、今回は露骨なまでにソレそのもの。
何故私がQMA=アイカツ!というドンデモ論を展開しているか
今回を見て頂ければ、ほんの少しは理解できると思う。・・・かな?

150219Aikatsu001.jpg
150219Aikatsu002.jpg
迷いを捨て、全力を以てさくらにぶつかろうとするみやび

150219Aikatsu003.jpg
150219Aikatsu004.jpg
しかし相手はスターライト学園トップ8=『STAR ANIS』にも選ばれる程の
百戦錬磨のトップクラスアイドル北大路さくら

アイカツがまさにQMA的なのはココなんだよね。
明らかに格上のプレイヤーと戦う時の自分の心情。
またその逆の視点からの心情。格上の北大路さくらから見ても真剣勝負。

150219Aikatsu005.jpg
QMA(クイズ)だけでなく、囲碁将棋その他・・
すべての競技に言えることかもしれないけど
私にとってクイズ(QMA)が自らの趣味故に一番華やかに見えるので、
華やかなアイカツにQMAを例えているのです。

150219Aikatsu006.jpg
囲碁が好きな人は囲碁がアイカツに見えます。

150219Aikatsu007.jpg
本編、みやびとさくら同時にオーラを出し接戦かと思われたが
QMAにおいてもアイカツにおいてもだいたい勝負中盤から経験の差、
実力の差がじわじわ出てきます。
最近でのわたしとあじふらいさんの戦いがそう。

150219Aikatsu008.jpg

150219Aikatsu009.jpg
一見接戦に見えても限りなく実力の差は大きいのです。

150219Aikatsu010.jpg

150219Aikatsu011.jpg

150219Aikatsu012.jpg

150219Aikatsu013.jpg
さくらとの決戦を終えて、スターライト学園を後にしたみやび。
姫桜女学院に帰ってきた彼女は空を見て何を想うか・・・。
・・・空を見る。私もよく空を見るし、これはアイカツの限ったことではないのですが
空を見ると自らが虚空に溶け込み、言葉には表現出来ない不思議な気持ちになります。
友との出会いは、友との別れと表裏一体。
本編で語られたさくらといちごだけでなく美月とみくるも、そして今回も。

どんなに熱い戦いを繰り広げても、アイカツはつまるところここに帰結する。
そして願わくば私のQMAライフも
さらに私の人生そのものもこうあって欲しいという願いを込めて
私はアイカツをとても好きなアニメとして見続けているのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する