FC2ブログ

アイカツ!は時代を築いた。

150420AikatsuTV02.jpg

150420AikatsuTV01.jpg
※めざましテレビ(?)の特集より

アイカツ!を語るのならプリキュアを引き合いに出すより
美少女戦士セーラームーンを引き合いに出す方がいい。
150426SailorMoon001.jpg
美少女戦士セーラームーン月野うさぎを中心として飽きられることなく200話を完走し
アイカツ!は主人公は大空あかりに交代したものも、とりあえず同じ世界150話は確定している。
手を変え品を変え主人公を変え舞台を変え1年ごとに更新して
時代に即して命かながら生き延びているプリキュアと上の2作品は
似ているようで一線を画することは言うまでも無いと思います。
・・・まぁ今やっている「プリンセスプリキュア」だって十分に面白い。
それでも、一時代を築いたセーラームーンや
一時代を築こうとしているアイカツには1歩所か3歩は及ばない。

セーラームーンやアイカツに共通する真の名作の条件とは

(1)世代を超えて愛される。
セーラームーンは大人の女性も当時からファンが多く
またアイカツも親子で楽しんでいるのはニュースでも紹介された周知の事実。
(プリキュアは男性オタにはウケても、大人の女性には愛されないからコレにはあたらない)

(2)時代を超えて愛される。
セーラームーンが一時代を作ったように、アイカツも一時代を作ったから
後にセーラームーンのように語り継がれていくことは容易に想像できる。
(一方プリキュアは後に語り継がれるであろうか。同シリーズで数年前の作品
スプラッシュスターや5が話題にあがったのを見た事はない。
プリキュアは結局、その場その場を愛されているに過ぎない

(3)現実世界にも通じる何かがある
普遍的価値観が存在し、故に世代や時代を超えて愛される。
これが前者2ツを根底から支える。
アイカツの世界では「敵」が存在しない。
(これは私の見解ではなく、実際にバンナムの広報が言っていたこと)
美月にせよセイラにせよ一緒に頑張るライバルであり、友であり、決して敵ではない。
こう言うと普通のアニメの場合は偽善臭くなるのだけど
150118AikatsuEnjin001.jpg
アイカツでは納得なんだよね。
アイドル活動というスポコンストーリーの核・表面的に見えない部分に
こういった太い柱が背骨として通っている。

この辺りも所詮敵と殴り合っているだけのプリキュアには到底及ばないものを感じる。



・・・なんかプリキュアの悪口だらけになったけど
「一時代を築く名作」と「人気なだけの普通のアニメ」との違いが明白に分かったかと思います。

所詮アニメなんて金儲けだし、お子様にウケて、面白くて、倫理的にOKならそれでいいんです。
でも「自分が心からハマりたい」「もっと業界が発展して欲しい」「他の子どもに薦めたい」
敢えてそう問うなら、こういう他愛もない娯楽作品でも真剣に選んでいくべきだと思います。

私は、表面的には同じく面白くても、同じく倫理的に素晴らしいことを言っていても
そんな事は当人にとってはさほど大したことではないことかもしれないにしても
子ども達には、敢えてその2ツしかなく、敢えて選ばなければならない状況ならば
「一時代を築く名作」=アイカツ!の方を見てもらいたいのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する