スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒澤凛と天羽まどか -ベストフレンド-(アイカツ 第171話 感想)

学園に入学してから、天羽まどかと黒沢凛はお互いに様々な経験をし
成長していった。

天羽まどかは主に祖母・天羽あすかとの関係性をテーマとして描かれ
http://ichigoyogurt49.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
黒沢凛は主にダンスをテーマに描かれ
http://ichigoyogurt49.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
まさにまどかの言うように
(「入学当初はいつも一緒に動いていたのに、いつの間にか朝と夜しか会えなくなちゃいましたし」)
彼女達の時の流れを感じさせてくれる。
別のテーマ、別の道
この2人はいろいろな大切なことを私たちに教えてくれた。
天羽まどか・黒澤凛というキャラクターが持っているテーマ性は発揮してきた。
そんな彼女達だからこそ、今再びアイカツ!というアニメの主題である「友情」へと
二人で還っていく
様は万感の想いがある。


160211Aikatsu001.jpg

160211Aikatsu002.jpg

天羽まどかのエピソードはおばちゃんとの話では終わらない。
やはり最後は凛と共に還っていく。これがまどかと凛のアイカツ!
アイカツ!で描かれる物語のピリオドなのだと思います。
(エンディング Lucky Trainの絵はそれを暗喩している)

そしてこのピリオドも、今までの彼女達の登場からの約50話
凛のジョニーやサニーとの出会い
まどかのあすかとのエピソード
スミレとのダンシングディーバとしての活動
あかりとのスキップスとしての活動
珠璃とのバニラチリペッパーとしての活動
・・・
それらを経て、すべてを出し切り、再びここへ戻ってこれたからこそ
ここまでの万感の想いがあるのです


160211Aikatsu004.jpg
「フレンド」
この二人がこの回で歌ったのも、100話を経て、星宮いちごが辿りついたセイラとの歌。
それを今回でさらに凛とまどかが受け継いだ感じ。
やはりアイカツ!って大河ドラマなのです。
このような重厚な時の流れの表現は、170話以上続いているアイカツ!でなければ出来ません。

続きを読む »

私のアイカツ!で好きな曲。

1位 Precious
2位 Move on now
3位 Lucky Train
4位 Trap of love
5位 ハッピークレッシェンド
6位 Love Game
7位 約束カラット
8位 フレンド
9位 wake up my music
10位 KIRA☆POWER

こうして列挙すると、ほとんどセクシー系。
PreciousとMove on nowは特別。人生に関与している。
として、Lucky Trainはアイカツ!が終わってしまうことを想いながら聴くと泣ける。
いちご・あおい・蘭から始まったアイカツ!は
ののとリサで終わるってのも、時の流れを表現した「大河ドラマ」のようなものを感じる。

160208Aikatsu001.jpg

節分(保育行事の定番)

勤務先で豆まきした。
私(+他のスタッフ)が鬼役で、ちびっ子達から豆をぶつけられた。
ピーピー泣くちびっ子もかわいい!!
これで金になるのだから保育士はやめられない。

・・・専門性の向上。忘れていません。
常に自分を磨き昨日より今日、今日より明日、自分の保育スキルを
高めていくこと。

毎日毎日絶対現状に甘んじない!
ホイカツ!ホイカツ!!

これまでのアイカツ。 -ひなきミラクル!-(アイカツ 第169話 感想)

「大切なのはフィーバーアピールが出せたか出せなかった
スターライトクーンになれたかなれなかったじゃなくて
全部が終わった後、自分が後悔するかしないか かも
どうひなき?これまでのアイカツ後悔ある?

みくるが言った言葉はあかりやスミレに比べて不遇だった
ひなきのアイカツの意味」の結論だし
ひなきの心からの想いを言葉にしたもの。
(これを綺麗事と捉える人もいるかもしれない。
けど私はみくるの言った事こそ人ががむしゃらに頑張ることの本当の意味だと思う

そしてこのみくるの発言に説得力があるのは、みくる自身
99話「花の涙」で美月と共にすべてを出し切りツイングスに挑んだから。



結局みくるが登場して99話まで
そしてひなきが遂に自分のアイカツに心から意味を見出す今回まで
すべてが繋がって今日(第169話ひなきミラクル)の感動がある。


スミレが自分が世界で一番ロリゴシックが好きだと宣言し
歌でスターライトクイーンを目指すという結論に達したとしたら
ひなきもまたみくるの言葉を受け自らの迷いを断ち切り
自らのアイカツに結論を見出した。

アイカツ!という物語のアンカーをスミレやひなきやあかりが受けているだけで
その裏にはユリカやみくるやいちごがしっかり息づいている。
そしておのおののキャラクターがそんなこれまでのすべてを受けて
今フィナーレに向かって歩き始めた。




もうアイカツ!は終わるんだ。
新シリーズが始まるにしても3年半続いた物語は完全完結を迎える。
160128MikuruNoMirakuru.jpg
神秘的なみくる。
まるで夢の中にいるよう。
この3年半のアイカツ!というアニメがメディアが夢のような出来事であったかのよう。
このみくるを見てると「アイカツ!=夢」の終わりを予感させる
そう感じるのは私だけだろうか。

とてもせつなく涙が溢れてくる。

輝ける日々にたまゆら -やさしさに包まれたら-

今日金曜ロードショウで「魔女の宅急便」をやっていた。
その主題歌である「やさしさに包まれたら」は後にたまゆらというアニメOVAのOP
としても使用された。

当時たまゆらを見た時は「おお!魔女の宅急便や!」と思ったけど
今日魔女の宅急便を見ると「おお!これはたまゆらや!」と思ってしまった。
やさしさに包まれたら」は私の中では魔女の宅急便よりたまゆら
私の中でそう変わっていた。


大学時代って本当に私の人生の最盛期というべきか
自分で自分の人生を勝ち取り歩きだした。
その時に見たものはすべてが輝いて思い出の中に刻まれている。
あの時も十分悟ったつもりでいたけど、今から見ればまだまだ若かった。
そう思える。そして若さ故の輝きが確かにあった。

またあの時の輝きを取り戻したいな。
今度はやっと自分のやりたかった職業に就ける。
この職で充実出来れば、また輝くことが出来る。
そして恋人も欲しい。
もう年だから一人で輝くことは難しくなってきた。
だから-・・・そう期待したい・・。

私の個人的な話になったけど、最後にこのアニメをざっと紹介すると
これもアイカツ!と同じで悪人の存在しない世界の話。
特に事件が起きることもなくゆっくりと日常の時間が流れていく
癒し系アニメ。
(魔女宅よりたまゆらといいながら癒し過ぎてつまらなくなって挫折したんだよねw
これ秘密な!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。